活きガニはどうやって食べるの?

お肉ならナンチク 通販

活きガニはどうやって食べるとよいのでしょう。新鮮な活きガニなら、刺身にするのもいいでしょう。

まず、殻と身の間に親指を入れて殻から身を取り出し、余分な殻を関節から切り取り、氷水にカニの身を入れ、身を〆ます。

菊の花が咲いたように開いたらOKで、清潔な布巾の上にのせて水を切り、皿に盛りつけたらすぐに食べます。美味しい食べ方としては、やはり茹でるのが一番でしょう。

保存する場合は、氷水で20分は冷やさなければならず、そうすると旨みを多少流してしまうことになるので、やはり活きガニは、茹でたてを食べるのが一番です。

茹でたてのカニの旨さは格別です。

カニを茹でる時は甲羅を下にして茹でるのが鉄則で、そうするとカニミソが固まって崩れにくくなります。

ただ、甲羅を下にしても茹でが甘いと、カニミソが固まらず、脚に流れ込み、味が落ちる原因になるので注意しなければなりません。

活きガニは、茹でても美味しいのですが、焼くと香ばしくなるので、焼きガニもおすすめです。

炭火でじっくり焼くのが一番良いのですが、ガスレンジやグリル、ホットプレートで焼いても美味しいです。焼き上がったカニに、スダチをかければ最高です。