おせち料理ができてから年越しそばを

おせち料理ができてから年越しそばを食べるというのが、正しいお正月の過ごし方になります。おせち料理 激安

年末からお正月にかけては、それぞれの土地や家で年越しの行事があるでしょう。

どこの家庭にもあるのが年取の膳で、歳神様にお灯明をあげ、お神酒や料理をそろえて、その年1年間をねぎらう挨拶をします。

そうした中、日本人には、正月を迎えるに当たって、年越しそばを食べる風習があります。年末に除夜の鐘を聞きながら、自宅で家族でテーブルを囲んで、年越しそばを食べる人は多いでしょう。

年越しそばを食べる意味は、細く長いというそばに由来するもので、長寿延命を願う気持ちがあります。そばを食べている人は脚気にならないという噂もあり、年越しそばを食べる習慣が根付きました。

年越しそばを食べた後は、おせち料理が待っているのですが、テーブルに並べられるのは、最後の除夜の鐘が撞かれたときです。

除夜の鐘を聞きながら、手作りのおせち料理を食べるためには、年越しそばを食べる前に、しっかりおせち料理を準備しておかなくてはなりません。

最近は、安価な価格でおせち料理が手に入る時代ですが、できれば手間暇かけて手作りしたいものです。